山形市の大規模接種、予約はLINEとネットのみ 新型コロナワクチン、高齢者向け

2021/6/9 08:02
大規模な集団接種の予約方法などを説明した山形市、山形大学、県看護協会、山形市薬剤師会の会見=山形市役所

 山形市は8日、山形国際交流プラザで予定している高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種について、予約受け付けを10日午前9時に始めると発表した。まだ1回目の予約が済んでいない人が対象で、通信アプリ・LINE(ライン)とインターネットのみの受け付けとなる。接種期間は1、2回目ともに2週間で、対応可能人数は最大で計約3万人となる。

 市と山形大学、県看護協会、市薬剤師会が同日、山形市役所で記者会見し、明らかにした。接種期間は1回目が15~28日、2回目が7月6~19日。市によると先行接種を行った施設入所者を除く市内在住の高齢者数は約7万1千人。このうち、既に接種を受けた人を含み約4万人分の予約が入っており、集団接種の体制が整ったことで、政府が目標とする7月末の接種完了にめどが付いたとしている。

 予約する際は円滑な手続きを進めるため、原則、1回目の接種日から3週間後の同じ曜日、時間を指定する。予約はインターネットを通じた手続きに限定されるので、スマートフォンなどの扱いに不慣れな人を対象に、市内28カ所のコミュニティセンター、公民館で市職員が端末入力を補助する。期間は10~18日まで。先月26日から始まった、かかり付け医での個別接種の第2期電話受け付けは継続する。

 また、会場までの交通手段がない人を対象に山形駅、蔵王コミュニティセンターなど市内7カ所から予約不要の無料送迎バスを運行する。問い合わせは市コールセンター(0120)567328。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]