鶴岡署員が現金窃盗疑い 交番で同僚から、県警が書類送検へ

2021/6/5 10:19
鶴岡警察署(資料写真)

 鶴岡署の男性警察官が交番内で同僚の財布から現金を盗んだとして、県警に窃盗容疑で事情を聴かれていることが4日、複数の関係者への取材で分かった。県警は容疑が固まり次第、書類送検する方針。

 関係者によると、男性警察官は今月上旬、勤務している交番内で、同僚の財布から現金を盗んだ疑いが持たれている。

 県警は近年、不祥事が相次いでいる。2019年12月には、山形市内の百貨店で缶詰などを万引して逮捕された警視が停職1カ月の処分を受け辞職。20年には知人から大麻を譲り受け逮捕された巡査が懲戒免職処分を受けたほか、同じ警察署に勤務する後輩に1万円札入りの焼酎を無理やり飲ませ、殴るなどして書類送検された3人が停職1カ月や減給、戒告になった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]