ダンプと衝突、軽の男性死亡 山形の国道112号

2021/5/24 21:43
大型ダンプカーと軽乗用車が正面衝突した事故現場=24日午前7時22分、山形市船町

 24日午前6時15分ごろ、山形市船町の国道112号で、山辺町大寺、運転手武田麻美さん(46)の大型ダンプカーと、山形市下条町3丁目、土木建築業二ノ戸正美さん(70)の軽乗用車が正面衝突した。二ノ戸さんは病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡確認された。死因は頭蓋骨骨折、外傷性くも膜下出血。

 山形署などによると、二ノ戸さんの助手席に乗っていた崔蓮花さん(49)と武田さんも救急搬送されたが、ともに軽傷のもよう。武田さんが中山町から山形市方面に向かって走行中、対向車線にはみ出し、二ノ戸さんと衝突した。進路左側の縁石にぶつかった弾みではみ出したとみられる。武田さんは業務中で、同署で詳しい事故原因を調べている。

 現場は船町橋上で片側1車線の直線道路。付近は約3時間にわたって全面通行止めとなり、一部で渋滞が発生した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]