山形市、年齢別予約開始日を公表 一般高齢者のワクチン接種

2021/5/22 07:49

 山形市は21日、一般高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの第2期予約受け付けで、年代別に指定日を設けることを打ち出していたことに関し、詳細な手順を発表した。当面は電話のみとし、初日の26日に「94歳以上」からスタート。以降、日ごとに1歳ずつ若い方にも対象年齢を広げていく。

 同日、市役所で開かれたワクチンに関するプロジェクトチームの第8回会合で決定した。第1期の予約受け付けで、電話がつながりにくくなった点を受けた措置。年齢が高いほど、感染した場合の重症化リスクも高くなるため、高年齢者から始めることにした。

 6月24日以降は65歳以上の全ての高齢者で受け付けが可能になる。市は年齢別の受け付け指定日を記した表を全高齢者世帯に郵送するほか、新聞広告、新聞折り込み広告、テレビCMなどでも広報する。

 受け付け電話回線は当初、最大48回線まで増やす予定だったが、よりつながりやすくするため64回線まで拡大する方針も申し合わせた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]