「ランチボックス」で健康に 米沢、イベント開催前に試食会

2021/5/17 20:37
健康を切り口にしたイベントで配布するヘルシーランチボックス=米沢市・上杉城史苑

 米沢市の上杉神社周辺で今月末、健康をテーマにしたヨガなどのイベントが開催されるのを前に、米沢栄養大(同市)と上杉城史苑(同)が共同で開発しイベント会場で配布する「健康ランチボックス」の試食会が17日、同市で開かれた。県民限定の日帰り旅行商品として販売し、ヘルスツーリズムの推進や、同市観光の拠点の一つである神社周辺のにぎわい創出につなげていく。

 上杉神社周辺の観光客が減少傾向にある中、市が力を入れる「健康長寿」を切り口に新たなにぎわいを生もうと、米沢観光コンベンション協会(小嶋弥左衛門会長)などがイベントを企画した。「食べて健康 動いて健康 カラダシアワセ大作戦」と銘打ち29、30の両日午前中、神社の堀を周回するランニングや、ストックを手に歩くポールウオーキングと、伝国の杜前の芝生でヨガの教室を開催する。日帰りの旅行商品となっており、インストラクターの指導を受けながら体を動かした後、ランチボックスを受け取る流れだ。教室参加者はいずれも初心者を想定している。

 ランチボックスは9品入り。▽うこぎこんにゃくのペペロンチーノ▽米沢牛のアスパラ巻き▽タケノコと桜エビのピリ辛炒め▽車麩(くるまぶ)の唐揚げ▽鯛(たい)めし-など、米沢産や置賜産、本県産の食材を取り入れた。栄養大の監修の下、城史苑がメニューを考案。栄養バランスがとれ、野菜がふんだんで塩分控えめの健康弁当に仕上げた。

 6月以降も同様のイベントを実施する予定で、新型コロナウイルス収束後の県外からの誘客も視野に入れている。小嶋会長は「関心が高い『健康』をキーワードに、新しい切り口でいろいろなことを試していきたい」と話した。

 参加定員は両日ともランニングが15人、ポールウオーキング10人、ヨガ30人。料金は5千円。県民限定で県内の宿泊、日帰り旅行に補助する旅行促進策「県民泊まってお出かけキャンペーン~やまがた春旅~」を利用できる。観光ポータルサイト「南のやまがた、たまにはおきたま旅予約。」か、道の駅米沢総合観光案内所=0238(40)8400=で予約する。締め切りは25日。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]