置賜のここが「映える」 おきラボがロケーションマップ作成、13カ所を若者目線で紹介

2021/5/17 10:33
若者視点で置賜のおすすめロケーションをまとめたマップ

 置賜地域の若者による「おきたま元気創造ラボ(おきラボ)」は、お薦めロケーションをまとめた「OKITAMA ベストロケーションマップ」を作成した。会員制交流サイト(SNS)でも「映える」置賜各地のスポットを、撮影者の視点とともに紹介している。

 おきラボは民間、行政の若手約30人で組織。地域の魅力を掘り起こし、発信する取り組みを行っている。マップは、2019年度にインスタグラム上で実施した写真コンテストの応募作品199点の中から13カ所を厳選し掲載した。

 玉川渓谷(小国町)、三淵渓谷(長井市)、上杉神社(米沢市)など置賜の自然や歴史を感じさせるスポットを若者目線で紹介。高畠石の石切り場だった瓜割石庭公園(高畠町)は、青空をバックにした石壁の風景とともに、音響の良さを生かして19年に開かれた「岩壁音楽祭」の時の全く違った印象の写真も掲載している。幻想的な上杉神社の夕景、色鮮やかな落ち葉が浮かぶ熊野大社(南陽市)の手水舎など、よく知られた場所も意外な表情を切り取った。

 各スポットの情報とともに、「熊野大社といえば大イチョウ。散ってなお手水舎を彩る」「高畠石がつくる岩壁の迫力を体験してほしい」などという撮影者の視点や、おきラボメンバーのお薦めポイントを添えた。

 3500部を作り、県内外の観光案内所や立ち寄り施設に配布した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]