新監督初陣、変化に注目 モンテ、きょうホーム愛媛戦

2021/5/16 10:11
「優勝という目標は変わらない」と語るDF山田拓巳=天童市・県総合運動公園

 サッカーJ2は第14節最終日の16日、各地で5試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で愛媛と対戦する。新たに就任したピーター・クラモフスキー監督が初めて指揮を執る。短い準備期間で、どういった変化を加えるか注目だ。

 山形は15日、非公開練習で調整した。前節のアウェー京都戦は劣勢だった前半に先制点を許し、0―1で敗れた。通算成績は3勝5分け5敗で、順位は17位に後退した。クラモフスキー監督は就労環境が整い、12日から本格的な指導をスタートさせた。

 一方の愛媛は昨季21位で、今季に向けてJ2甲府からDF内田健太、J1湘南からGK秋元陽太ら、かつて愛媛で活躍したベテラン勢が復帰した。シーズン序盤は7戦未勝利と苦しみ、和泉茂徳前監督が辞任。後任にコーチから昇格した実好礼忠氏が就いた。

 基本陣形は4―4―2。通算成績2勝5分け6敗の18位で、第11節の京都や前々節の磐田、前節の琉球といった上位勢と接戦に持ち込んでいる。他にJ1・G大阪のFW唐山翔自が育成型期限付き移籍で加わり、チーム状態は決して悪くないようだ。

 山形は前節の敗戦で再びJ3降格圏が近づいた。注目度が高いクラモフスキー監督の初陣は、結果を重視するとともに、新体制で目指す形や可能性を少しでも示したい。

目標へ「思いは一つ」・主将山田拓巳が決意

 ○…新体制の初練習で、誰よりも額に汗を流していた主将のDF山田拓巳。初めてシーズン途中での監督交代を経験し「新たなものに対し前向きにチャレンジしていくしかない」と語った。

 ここ数年、持ち味のハードワークに磨きを掛け、指導者が替わる節目でも主力の座を譲らない。若手の手本となるよう戦術の理解を深めてきた。ピーター・クラモフスキー監督の下での練習初日も、新しいことに「早く順応していくことが必要だ」と積極的だった。

 今季の開幕を前に「J2優勝」の目標を明言。苦しい序盤戦となったものの「厳しい状況は承知の上で可能だと思っている。新監督も諦めていない。タイトルを取りたい気持ちは一緒だと思う」と言い切った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]