山形東、春の県大会で15年ぶり1勝 春季東北高校野球県大会

2021/5/16 09:56

[PR]
 第68回春季東北地区高校野球県大会は15日開幕し、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)など3会場で1回戦5試合を行った。

 山形東は4―1で村山産を下し、春季大会で15年ぶりの勝利を挙げた。寒河江は長井に4―3で競り勝った。寒河江工は10―6で鶴岡南、山形工は7―1で米沢興譲館に、それぞれ快勝。創学館は7―0で酒田東に七回コールド勝ちした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で4校が出場を辞退したことに伴い、羽黒、鶴岡工、米沢工は不戦勝となった。

 秋田県で6月に開催予定だった東北大会は2年連続で中止となった。

 第2日の16日は2回戦7試合が行われる。

きょうの試合

【新庄市民球場】

▽2回戦

新庄北―羽黒(10:00)

創学館―新庄東(13:00)

【荘銀・日新スタジアム】

▽2回戦

寒河江工―米沢中央(11:00)

酒田南―寒河江(14:00)

【きらやかスタジアム】

▽2回戦

日大山形―米沢工(9:00)

山形東―九里学園(12:00)

酒田光陵―山形工(15:00)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]