アスパラガス、おいしいよ! 最上で初出荷式と安全祈願祭

2021/5/13 21:45
運び込まれた新鮮なアスパラガスを選別する職員=最上町・JAおいしいもがみ東部営農センター

 県内一の生産量を誇るもがみアスパラガス生産協議会(大場幸一会長)の初出荷式と安全祈願祭が13日、最上町のJAおいしいもがみ東部営農センターで行われた。式典終了後には、みずみずしい色鮮やかなアスパラガスが次々と選別され、2.7トンが関東方面などに出荷された。

 同協議会は2004年に設立され、年々生産量を増やしており、現在は新庄市、最上町、舟形町、鮭川村の会員農家153戸が計約60ヘクタールの畑で生産している。今季は478トンの出荷と、販売額計約5億4千万円を目指す。4月の霜や今月初旬のひょうの影響で出荷は例年より5日ほど遅れたが、例年並みの太くて甘いものがそろったという。

 式にはJA関係者など約60人が出席し、神事で豊作と無事故を祈願した。大場会長は「根元まで軟らかい、おいしいアスパラができた。ゆでて食べるのがお勧め」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]