「いい天気だね」放牧スタート 鶴岡・月山高原牧場

2021/5/13 20:03
農家に誘導されてゆっくり入牧する牛たち=鶴岡市・月山高原牧場

 鶴岡市の月山高原牧場で13日、牛の放牧が始まった。庄内4市町の畜産農家から繁殖用の和牛と乳牛を預かり、約100ヘクタールの広大な牧場で10月末まで育てる。

 この日は和牛計134頭がトラックに乗せられ、次々と牧場に到着した。体重や体高を測った後、8グループに分けて放牧。牛たちは「モー」と元気よく鳴きながら一目散に牧草地へと走り出した。

 月山畜産振興公社(理事長・山口朗鶴岡市副市長)が毎年5~10月に牛を預かり管理している。本年度は約180頭が入牧する予定で、20日には計36頭を迎えるという。

 同公社の佐藤恵助事務局長(65)は「今年は牧草の生育も順調に進んだ。伸び伸びとした環境で足腰を鍛え、立派に育ってほしい」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]