県内死者、累計37人に 12日県発表、感染者1人死亡・新型コロナ

2021/5/13 08:03

 県は12日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた患者1人が11日に亡くなったと発表した。県内の死者は累計37人となった。12日の新規感染者は高校生から70代までの男女16人。また山形市は、山形学院高で新たなクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。

 新規感染者の内訳は山形市が6人、寒河江市3人、東根市2人、鶴岡、山辺、鮭川、川西、小国の各市町村が1人ずつ。

 山形市によると、新規感染者6人のうち山形学院高関連は職員と女子生徒の2人。さらに県が11、12日に感染を公表した女子高校生計4人は同校の生徒で、計6人の感染が確認されたという。同校は10日午後から休校中。職員と生徒の計約90人(職員約20人、生徒約70人)を対象にPCR検査を行っており、状況に応じて検査対象者を広げる。

 このほかクラスターが発生した鶴岡東高(鶴岡市)関連は、生徒1人の感染が新たに判明した。同校の感染者数は生徒83人、職員8人の計91人となった。

 新規感染者はいずれも症状はないか重くない。県内の累計感染者数は1638人。入院患者は85人(うち重症者6人)。13人が宿泊療養施設に入り、15人が自宅療養、16人が調整中としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]