アサヒ飲料の発酵キャンペーンに参加 鷲田民蔵商店(鶴岡)、15日から

2021/5/12 12:12
鷲田拓朗専務(左)らがキャンペーンを紹介した=鶴岡市役所

 アサヒ飲料東北支社(仙台市、小幡靖彦支社長)は、東北各県の発酵食品メーカー計6社と連携した「発酵キャンペーン」を、15日から7月7日まで展開する。アサヒ飲料の商品を購入して応募すると、抽選で各メーカーいずれかの商品詰め合わせが当たる。本県では鷲田民蔵商店(鶴岡市、鷲田敏夫社長)とタイアップした。

 アサヒ飲料の商品ブランド力と、東北地方の企業の強みを生かした地域共創プロジェクト「TSV(Tohoku Shared Value)」として企画。対象店舗で商品300円分を購入した際のレシート画像を、無料通信アプリ「LINE(ライン)」専用ページから送るなどして応募する。当選者は1社当たり30人の計180人で、ダブルチャンス賞としてアサヒ飲料商品詰め合わせを30人に贈る。

 鷲田民蔵商店の賞品は甘酒、からし漬けのもと、みそ、しょうゆ、万能つゆの「鷲田のまごころギフト」。11日は同社の鷲田拓朗専務が鶴岡市役所を訪れ、オンライン参加の小幡支社長らとともに、皆川治市長にキャンペーンを紹介した。

 対象店舗では、各メーカーとアサヒ飲料の共同メニューも提案予定。鷲田民蔵商店の「わしだのあま酒」を4割、アサヒ飲料「カルピス」「ウィルキンソン」をそれぞれ1割、5割で混ぜた飲み方も紹介する。鷲田専務は「カルピスの甘酸っぱさ、甘酒のうま味がよく合い、炭酸でさっぱりとした味わいを楽しめる」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]