24校の対戦カード決定 春季東北高校野球県大会

2021/5/12 07:55

 第68回春季東北地区高校野球県大会は11日、代理抽選で出場24校の対戦カードが決まった。

 Aブロックは昨秋8強の山形城北が2回戦で山形商―鶴岡工の勝者と戦う。Bブロックはともに昨秋4強の羽黒、東海大山形が1回戦で顔を合わせる。他に置賜地区予選を勝ち上がった米沢中央が入った。Cブロックは秋王者の日大山形が2回戦で山形学院―米沢工の勝者とぶつかる。Dブロックには昨秋8強の山形工、最北地区予選を制した新庄東が名を連ねた。

 大会は15日に開幕し、県内3会場で準々決勝まで実施。22日の準決勝、23日の決勝は新庄市民球場で行われる。決勝進出の2校が秋田県で予定されている東北大会の出場権を得る。出場枠が変更されたため、今大会は3位決定戦を実施しない。

 新型コロナウイルス感染対策のため、各会場での観戦はメンバー外の部員、県内在住の保護者に限定する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]