9日の県内、1人死亡8人感染 累計1599人

2021/5/10 07:56

[PR]
 県は9日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた患者1人が8日に亡くなったと発表した。県内の死者は累計36人となった。一方、9日の新規感染者は20~80代の男女8人で、このうち酒田市の20代男性は県農林水産部の職員と明らかにした。県内の累計感染者数は1599人。

 新規感染者の内訳は、山形、酒田両市と県外が各2人で山辺、中山両町が1人ずつ。

 県によると、県農林水産部の男性職員は休暇中の今月2~4日に私用で隣県を訪れていた。休暇明けの6日は通常通り勤務し、7日は休みだった。男性と6日に接触した可能性のある職員10人程度を検査したが、全員陰性だった。一般県民と接触する業務ではないという。

 県と山形市によると、クラスター(感染者集団)となっている介護老人保健施設メルヘン(山辺町)関連では、山形市の50代女性が職員、中山町の80代女性は既に感染が判明している利用者の知人とした。県外在住の20代男子学生は村山地域の親族宅を訪れていた。山形市の40代会社役員男性は発症前2週間以内に県外への滞在歴があった。

 新規感染者のうち1人が重症で、他の7人は症状がないか重くない。入院患者は前日より9人増えて88人(うち重症者6人)。10人が宿泊療養施設に入り、15人が自宅療養、6人が調整中としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]