外国籍選手へのマーク徹底 モンテ、きょうアウェー京都戦

2021/5/9 12:46

[PR]
 サッカーJ2は第13節最終日の9日、各地で10試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から京都府亀岡市のサンガスタジアムbyKYOCERAで京都と対戦する。京都は攻守のバランスが良く、現在は3位と好調。得点源となる外国籍選手への厳しい対応を徹底したい。

 山形は8日、非公開練習で調整した。前節はホームで甲府と対戦。後半ロスタイムに途中出場のDF栗山直樹のゴールが決まり、2―2で引き分けた。連勝は2でストップ。通算成績は3勝5分け4敗で順位は14位に下がった。

 一方の京都は昨季8位で、新たに●貴裁(チョウ・キジェ)監督が就任。J1湘南を3度昇格に導いた手腕へ期待は大きい。昨季のJ2得点王だったFWピーター・ウタカが残留したほか、湘南からアタッカーのMF松田天馬を獲得するなど、積極的な補強が目立った。

 通算成績は8勝2分け2敗。前節は2位琉球と引き分け、7連勝はならなかった。基本陣形は4―3―3。豊富な運動量を生かした激しい守備、ウタカや松田らのスピードを生かした攻撃が光る。現在8得点のウタカは、昨季の山形戦で計5ゴール。セットプレーのキーマンであるDFヨルディ・バイスとともに警戒した主軸だ。

 京都府を対象に緊急事態宣言が発令中のため、山形にとって昨年8月以来の無観客試合に。普段と異なる状況で、前後半の立ち上がりで集中力を高めたい。中3日で続く連戦の締めくくりで、古巣戦となる佐藤尽監督らコーチ陣の采配も見どころだ。

●=十の下に田、下に日

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]