鶴岡市、中学部活動を10日再開 天神祭パレード中止を正式決定

2021/5/8 09:11

 鶴岡市教育委員会は7日、新型コロナウイルスの感染拡大で停止している中学校の部活動について、10日から再開することを決めた。市内の県立高校、スポーツ少年団も活動を始める。

 再開後も当面、自校のみでの活動とする。他校との交流、宿泊を伴う活動は上位大会につながるものを除いて引き続き見合わせる。感染拡大を踏まえた先月26日付の県と市の合同要請も同様に見直した。

 一方、1学期に予定されている市内小中学校の修学旅行について、市教委は目的地を原則県内にするよう各校に要請した。変異株の広がりや県教委の通知を踏まえた措置で、隣県を組み込む場合は感染状況を注視して判断するよう求めた。市教委によると、小学校12校、中学校5校が1学期中の旅行を予定している。

 このほか市はコミュニティセンターなど市所管47施設での飲酒禁止を今月末まで延長した。

     ◇

パレード中止などを正式決定した臨時総会=鶴岡市役所

 鶴岡市の天神祭実行委員会(委員長・加藤捷男(かつお)鶴岡商工会議所会頭)臨時総会が7日、同市役所で開かれ、25日に市中心部で予定していた鶴岡天神祭メインイベントのパレードの中止を正式決定した。パレード中止は2年連続。荘銀タクト鶴岡(市文化会館)でのアート展などは予定通り開く。

 関係者約20人が出席し、事業計画の見直し案を承認した。ジョイフルコンサート、献花展のほか、祭りの代名詞「化けもの」の衣装貸し出しも中止となるが、祭り当日は鶴岡天満宮での神事、特製弁当「化け弁」の販売などは行われる。鶴岡公園内にのみ約30店舗設ける予定だった露店については、業者側と話し合う。

 パレードは当初、コースや出演者などを縮小して開催予定だったが、市内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、加藤委員長と皆川治市長が中止することで合意していた。加藤委員長は臨時総会の冒頭、「市民に元気を届けようと準備してきた。パレード中止を決めることは誠に残念」とあいさつした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]