山形、村山、白鷹で成人式 感染対策取り、大人への決意

2021/5/2 23:11
晴れ着姿で記念撮影する新成人たち=山形市・山形国際交流プラザ

 山形、村山、白鷹の3市町で2日、成人式が行われた。新型コロナウイルスの影響で、出席者を県内在住者に限るなど各会場では感染対策を取った上で式典を行った。マスク姿の新成人たちは久しぶりに会った友達と写真を撮って喜ぶ一方、アフターコロナを担う中心世代としての決意を示した。

 3市町とも県内在住者限定とし、入場の際は検温なども行った。山形市は中学校の学区ごとに午前と午後の2回に分けて式典を行い、対象者約2500人のうち800人が出席した。白鷹町は133人中17人、村山市は239人中97人が式に臨んだ。

 コロナ禍の影響で、3市町とも内容を簡略化し、従来通りの式典は行えなかった。先行き不透明な時代の中でも、若者の目線はしっかりと前を見据えていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]