1日の県内、新規感染10人 山形でクラスター

2021/5/2 10:30

[PR]
 県は1日、新たに中学生から80代の男女10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち山形市の80代男女2人は同市東青田1丁目の通所介護事業所「ツクイ山形東青田」の利用者。この施設関連の感染者は過去事例を含め計5人となり、同市はクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。感染拡大が続く鶴岡東高(鶴岡市)関連の感染も判明した。

 また、4月下旬に発症した県内の感染者10人から感染力が強く重症化しやすいとされる変異株「N501Y」が確認された。いずれも海外滞在歴はなく、不特定多数との濃厚接触はないという。県内で確認されたN501Yの感染者は29人となった。

 新規感染者の内訳は山形市5人、寒河江市2人、鶴岡、東根、山辺の各市町が1人ずつ。

 山形市によると、この介護事業所では今回感染が分かった男女2人のほか、先月30日までに感染が公表された30~80代の女性3人が利用者や職員だった。ほかに、60代男性は同市の市民生活部に所属する職員で、今月27日まで通常通り勤務していたが、現時点で濃厚接触者はいない。

 鶴岡東高関連では鶴岡市の男子高校生が、既に感染が判明している同校生徒の関連としている。他に寒河江市の男子高校生と女子中学生、東根市の20代無職女性、山辺町の20代公務員女性の感染も確認された。

 新規感染者はいずれも症状はないか重くない。累計感染者は1523人。入院患者は前日から1人減って94人(うち重症者3人)。21人が宿泊療養施設に入り、57人が自宅療養している。調整中は11人。

山形の介護事業所が休業

 新型コロナウイルスの感染が広がり、クラスター(感染者集団)となった山形市東青田1丁目の通所介護事業所「ツクイ山形東青田」は、先月29日から休業している。

 事業所と市によると、職員2人と利用者3人が感染したという。先月29日に30代女性職員、同30日に50代女性職員と利用者の80代女性の感染が分かり、5月1日に80代の男女2人が判明した。職員と利用者計約120人を対象にしたPCR検査は終わり、5人のほかは全員陰性だった。14日までは休業する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]