産直施設で桜まつり 新庄・炭火焼きのカド販売

2021/4/25 17:38
カドを炭火で焼き、匂いに誘われた来場者が買い求めた=新庄市・まゆの郷

 新庄市エコロジーガーデン内にある産直施設「まゆの郷(さと)」で25日、桜まつりが開かれ、炭火でカドを焼いて匂いに誘われた来場者が買い求めた。

 脂が乗った30センチほどの200匹を準備。網の上でスタッフがカドを焼くと、香ばしい匂いと煙が辺り一面に漂った。夕飯用に購入した山形市片谷地、無職小笠原拓昭さん(75)は「車から煙が見えたのでカド焼きじゃないかと思って来た。新庄出身なので懐かしい」と話していた。

 エコロジーガーデン内の桜を楽しんでもらおうと、まゆの郷を運営するしんじょう産地直売所運営協議会(坂本孝一郎会長)が毎年実施している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]