アランマーレ、小学生東北大会開催へ 女子対象、ジュニア層育成に力

2021/4/16 12:21
西尾博樹部長(右から3人目)と勝部一成支社長(左から3人目)が契約書を交換した=酒田市

 バレーボールVリーグ女子2部のプレステージ・インターナショナルアランマーレは15日、女子小学生を対象とする独自の東北大会を今年7月に開催すると発表した。アランマーレのジュニア層強化の一環。明治安田生命保険山形支社とパートナーシップ契約を結び、大会を運営する。

 全日本バレーボール小学生大会の県予選を勝ち抜いた東北各県の6チームと、地元枠として酒田、鶴岡の両市からそれぞれ3チームの計12チームが出場予定。リーグ戦の順位に応じたトーナメント方式で競う。8月の全国大会を前にした練習の場としてもらい、7月17、18日の2日間、鶴岡市の藤島体育館で開催する。アランマーレの選手が各チームのサポーターを務め、児童と選手の交流の場も設ける。

 プレステージ・インターナショナル山形BPOパーク第2センター(酒田市)で締結式を行い、同支社の勝部一成支社長と、アランマーレの西尾博樹部長が契約書を交換した。アランマーレはジュニアクラブも設立し、小中学生の育成にも力を入れている。西尾部長は「大会を通じて東北の子どもたちに元気を与えたい」とあいさつ。勝部支社長は「地域貢献の一環として、小学生の選手を応援したい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]