酒田まつりと花火ショー、規模縮小し開催へ

2021/4/13 12:24
酒田まつり・本祭(資料写真)

 今年の酒田まつりと酒田花火ショーについて、酒田市が規模縮小や入場制限など、新型コロナウイルスの感染対策を講じた上で、開催する方向で調整していることが12日、分かった。花火ショーは、来年から競技会形式での開催に転換する方針で、いずれのイベントも開催日程を含め13日の実行委員会で詳細を協議する。

 400年以上の歴史がある酒田まつりは、例年は5月19~21日に開催していたが、昨年は神事のみの開催となった。今年も山車行列の中止は既に決めているが、さかた海鮮市場前で規模を縮小しての出店や山車の展示を検討中。「立て山鉾(やまぼこ)」の夜間点灯も計画している。

 最上川河川公園で、毎年8月初旬に約1万2千発を打ち上げる酒田花火ショーは昨年は中止した。だが今年は観覧席の全席指定などの対策を講じ、開催する方針。来年から20号(2尺)玉の競技大会として開催する計画で、今年はプレ大会として県外からも花火師が参加する方向で調整中だ。市は他のイベントについても、新しい生活様式に応じた開催を検討している。

山形市の植木市、開催を断念―スプリングフェスは延期

 山形商工会議所は12日、規模を縮小して5月8~10日に開催する計画だった山形市の「薬師祭植木市」を中止すると発表した。また、5月5日に同市で開催予定だったスプリングフェスティバルは延期する。新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない状況を受け、判断した。

 いずれも楽しみにしている市民のため、感染予防対策を講じた上で開催すべく、準備を進めていた。植木市は会場を薬師公園内のみとし、入場者数を常時千人に制限、会場内飲食も禁止して開催予定だった。スプリングフェスティバルは、県内初というAR(拡張現実)を活用したデジタルスタンプラリーの催しとして計画していた。延期後の開催時期は感染動向を注視して決める。

市有施設の制限延長、ジャバは再開再延期―山形市

 山形市は12日、新型コロナウイルスの感染拡大で市を対象とする県独自の緊急事態宣言の期間が2週間延長されたことを受け、一部市有施設の利用制限も25日まで延ばすと発表した。一方、市馬見ケ崎プール「ジャバ」の屋内プールについては、営業再開日を27日に再延期すると発表した。

 制限措置は新規利用受け付けや個人利用の停止。対象は運動中にマスクを外す場面が想定される屋内施設で、市総合スポーツセンターの第2体育館、武道場、弓道場などのほか市立小中学校の体育館、武道場、べにっこひろばのあそびの大ホールなどとなっている。

 また大規模改修のため昨年1月から休館していたジャバは当初、今月1日の営業再開を予定していたが、緊急事態宣言の発出により13日に延期していた。感染状況などにより、再開日がさらに延期される可能性もあるとしている。

鶴岡市成人式再延期、「庄内限定」見直しへ

 鶴岡市は12日、5月に延期して開催を予定していた2020年度成人式について、再度延期すると発表した。参加を庄内地域在住者に限定する方針だったが、対象者全員が参加できないか改めて検討する。夏ごろをめどに、開催時期や内容を判断する。

 市は今月9日に参加範囲の限定を公表したが、見直しや再延期を要望する声が市民から相次いだ。市社会教育課によると12日までにメールが約20件届き、電話や会員制交流サイト(SNS)へのコメントも複数寄せられた。同課は「集まれる機会を提供できないか、しっかり検討する」としている。

 対象の新成人は2000年4月2日~01年4月1日生まれの1254人。新型コロナウイルスの感染拡大の状況から1月の開催を延期している。

上山市社協1人感染

 上山市社会福祉協議会は12日、60代の女性職員1人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。

 同協議会によると、女性は訪問介護事業所に所属し、在宅介護サービスを担当。今月7日以降出勤しておらず、利用者や同協議会職員に濃厚接触者はいないという。在宅介護サービスへの影響はなく、事務所内を消毒した上で、通常業務を行っている。

荘内銀支店職員も

 荘内銀行は12日、イオン山形北支店(山形市)に勤務する職員1人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。10日の業務終了後に、支店内や現金自動預払機(ATM)コーナーなど関連スペースの消毒を終了。本部や近隣店舗から代替職員を派遣し、休業せず営業は継続している。

 職員は発熱症状の出た9日から自宅待機し、PCR検査で陽性と分かった。行動歴を調査し、保健所と連携して濃厚接触者の特定を進めている。同支店勤務のほかの全職員も自宅待機し、PCR検査を受ける。

きらやか銀本部でも

 きらやか銀行は12日、本部職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。職員は山形市旅篭町の事務部に勤務し、一般客との接点はないという。濃厚接触の可能性がある職員に対し、PCR検査を実施している。事務部では消毒作業を終え、13日に通常業務を再開する予定。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]