黒光り再び「鬼滅SL」 山形の塗装会社、ボランティアで作業

2021/4/12 19:06
話題のSLにボランティアで塗装を施している=山形市十日町4丁目

 山形市十日町4丁目の第二公園に展示されている蒸気機関車(SL)のボランティア塗装が12日、始まった。SLは人気アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃(きめつのやいば)』無限列車編」に登場する車両と同型のため注目を集めており、今回の作業によってさらなる魅力アップにつながりそうだ。

 作業しているのは、鈴木美装(同市、鈴木圭一社長)。1カ月ほど前に次男(6)とSL見物に訪れた鈴木社長は、車両にさびが目立つと感じた。アニメ映画の影響で子どもたちが触れる機会も増えていることから、塗装により安全性確保にもつなげようと市に作業を申し出た。

 社員たちはへらでさびを落とした後、さび止めを塗布。各部の色に合わせ、黒や白、グレーなどのペンキを丁寧に塗っていった。作業は天候にもよるが15日までで、16日以降は従来通り自由に見学してもらえる予定。鈴木社長は「コロナ禍の中だが、きれいになった車両を見て心を癒やしてほしい」と話している。

 第二公園のSLは1923(大正12)年に造られ、奥羽本線で活用された後の69年に山形市に管理が移された。長さ16.765メートル、高さ3.785メートル。今回の作業とは別に、市が毎年度、部分的な塗装を行っている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]