県有施設8カ所、利用制限も延長 25日まで

2021/4/10 15:11
山形県庁(資料写真)

 県は9日、新型コロナウイルスの感染拡大で山形市を対象とする緊急事態宣言が25日まで延長されたことに伴い、市内の県有施設8カ所の休館や利用制限の期間も同日まで延長すると発表した。

 休館するのは県産業科学館、県体育館、県武道館、県立博物館の本館と分館の計5カ所。利用制限する3カ所のうち、文翔館は一般の入館を休止とし、悠創の丘の悠創館と、蔵王みはらしの丘ミュージアムパークにあるスケートパークとはらっぱ館は利用を休止する。

来月の20年度成人式、庄内在住者に限定―鶴岡市、式典ライブ配信

 鶴岡市は9日、5月3日に予定している2020年度成人式の参加者を庄内地域在住者に限定すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を考慮した対応。参加できない新成人のため、式典の様子を動画投稿サイトでライブ配信する。

 2000年4月2日~01年4月1日生まれの1254人を対象にしていた。参加範囲を限定することについて市は、週明けからはがきで通知するほか、ホームページでも案内する。参加人数や居住地を把握するため事前登録制にするなど、感染拡大防止を徹底する。

山形・明治コミセン、12日から貸館再開

 利用者1人が新型コロナウイルスに感染していたことが確認された明治コミュニティセンターについて、山形市は9日、休止していた貸館業務を12日から再開すると発表した。

 市によると、利用者の感染確認を受け、先月31日から安全確保のため貸館業務を休止していた。感染確認後は館内の消毒を実施。12日以降は不織布マスクの着用や手指消毒など、改めて利用者への予防策を呼び掛けるとしている。

尾花沢の「花笠の湯」、12日から再開

 尾花沢市ふるさと振興公社は9日、休館中の「徳良湖温泉 花笠の湯」について、12日に営業再開すると明らかにした。

 先月27日に従業員1人の新型コロナウイルス感染が判明。施設の消毒に加え、他の従業員もPCR検査を行い、全員の陰性が確認されたという。12日は入浴料を無料とする。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]