花見に合わせ「旅弁」どうぞ 天童商議所、第2弾披露会

2021/4/10 12:26
第2弾の旅弁と、試食するミッチーチェンさん=天童市・割烹晃月

 将棋を題材にした地域活性化事業「コマノミクス」から生まれた創作弁当「旅弁」の第2弾披露会が9日、天童市の割烹晃月で開かれた。今回は東北地方の桜の名所「白石川堤一目千本桜」(宮城県大河原町)の旅で、現地のブランド豚の焼き肉などが楽しめる。

 天童商工会議所の事業で、「ちょっとおうちで旅気分 旅弁 晃月たまて箱」の企画は3月から開始。第1弾「三陸海岸」は好評を博して期間を終えた。4月からは花見の季節に合わせて準備し、「おおがわら桜まつり」を選択。大河原特産ブランド「和豚もちぶた」を使った2種類の焼き肉重やシュウマイの他、将棋駒の麩(ふ)、ずんだ団子など料亭ならではの味を詰めた。

 披露会では開発者が内容を説明し、オンライン参加の商議所会員約20人が同桜の映像を見ながら試食した。晃月の尾形正子若女将は「お花見に活用して楽しんでほしい」と述べ、考案者の一人でタレントのミッチーチェンさんは「んーまい」と絶賛した。5月まで提供し、価格は2200円。4個から注文を受け、予約は3日前まで。問い合わせは晃月023(653)5848。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]