春の色彩楽しんで 置賜さくら回廊が開幕

2021/4/10 12:19
オープニングセレモニーで花咲けパフォーマンスを披露するしらたか旅先案内人=白鷹町・釜の越農村公園

 南陽、長井、白鷹3市町の桜の名所を発信する「置賜さくら回廊キャンペーン」が9日開幕した。3市町の主要な桜が既に開花していることから、予定を1週間前倒ししてスタート。開花中のキャンペーンで、新型コロナウイルス対策のためイベントを一部中止するなど規模を縮小するが、関係者は「感染予防に努めながら多くの人に観賞してほしい」と呼び掛けている。

 白鷹町では、古木・釜ノ越サクラの分身木などが植えられている釜の越農村公園でオープニングセレモニーが行われた。

 3市町でつくる置賜さくら回廊観光推進会議会長の白岩孝夫南陽市長が「全国一律で桜を見ることを我慢せざるを得なかった昨年とは違う。屋外で感染に注意しながら見ていただき、希望を持ってもらいたい」とあいさつ。斎藤重雄白鷹町商工観光課長が「今後を見据え関係者が一体となり、できる限りのもてなしをしていくことが大事だ」と歓迎の言葉を述べた。

 最後にしらたか旅先案内人の3人が「置賜さくら回廊、花咲け、花咲け、次の千年花よ咲け」と叫び、花咲けパフォーマンスを行った。セレモニーは内容を簡素化し、関係者約35人が参加した。

華やかにライトアップされた烏帽子山公園=南陽市

一斉にライトアップ―南陽・烏帽子山公園で点灯式

 南陽市では烏帽子山公園のライトアップ点灯式が行われ、同時に赤湯温泉桜まつりが開幕した。

 関係者約50人が出席した点灯式では、主催者を代表し鈴木和他(かずや)市観光協会長が「観測史上最速の開花で前倒し開催となった。新調したぼんぼりは今までにないぐらいきれいな雰囲気だ」などとあいさつ。白岩孝夫市長らが祝辞を寄せ、関係者が一斉にスイッチを押して点灯した。

 同公園は日本さくら名所100選の「烏帽子山千本桜」で知られ、約700本の桜が咲き誇る。現在は四分咲き程度で、ライトアップは5月5日までの午後6時~同10時。

桜の名所の紹介動画にアクセスできるQRコード付き看板=白鷹町

QRコード付き看板設置―白鷹町・名所紹介動画にアクセス

 白鷹町では桜関連のイベントや臨時売店の設置を取りやめた一方、町内10カ所の古木近くに、桜の紹介動画にアクセスできるQRコード付き看板を設置している。動画では見頃の桜の風景や、しらたか旅先案内人による歴史や伝説の説明、地域の保存会メンバーのメッセージを閲覧できる。

 また町観光協会事務局があるフラワー長井線荒砥駅に観光案内所を置き、桜の開花情報を発信。桜の缶バッジなどが入っているカプセルトイも販売している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]