議会に「説明不足も」 副知事再任案否決で吉村知事

2021/4/8 12:10
吉村美栄子氏

 吉村美栄子知事は7日、若松正俊氏の副知事再任案が県議会2月定例会で否決された要因に関し「私の(議会側への)説明不足もあったかと思う」との認識を示した。

 同日の定例会見で、副知事不在の影響と人事案を再提案する時期などに関する質問に対し答えた。

 吉村知事は早期に不在解消を図りたいとしつつ、県内で感染が拡大する新型コロナウイルスの対策に「毎日かかりきり」の状況で、当面はコロナ対策に全力を尽くすと説明。人事案を提案する際に議会側との調整が不十分だったことを認めた上で「しっかりと議会の理解を得られることが大事で、(説明不足だったことも)考えながら環境づくりをしていかなければならない」などと続けた。

 再任案は2月定例会の本会議で賛成少数で否決され、先月11日から副知事不在となっている。若松氏は、同日付で新設された非常勤特別職「コロナ克服・経済再生特命補佐」に就いた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]