宵闇に鮮やか、ソメイヨシノ 山形・霞城公園とさくらラインでライトアップ

2021/4/5 22:50
山形地方気象台の満開発表に合わせるように桜のライトアップが始まった霞城公園東堀=山形市

 山形市の桜の名所として知られる霞城公園と馬見ケ崎川沿いの「馬見ケ崎さくらライン」で5日夜、桜のライトアップが始まった。同市ではこの日、山形地方気象台の構内にある標本木のソメイヨシノが1953(昭和28)年からの観測以来、最も早く満開になった。例年より14日早く、昨年よりも4日早い。

 ライトアップは昨年、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため両所で中止になった。今年は飲食やレジャーシートの設置を禁止するなどの対策を講じて行われる。

 この日の同公園では午後6時すぎ、投光器で照らされた三分咲きのソメイヨシノの花が宵闇に浮かび上がり、家族連れなどが見物を楽しんだ。写真撮影に訪れた寒河江高3年の安達雄一郎さん(17)は「昨年は見ることができなかったので、感動が大きい」と話していた。

 両所のライトアップはいずれも毎日、散り始めまで行われ、点灯時間は霞城公園が午後6時~同9時(東堀のみ)。さくらラインは午後6時半~同9時。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]