1万人で青き風起こせ! 21日モンテホーム開幕戦、集客増へグッズ配布など

2021/3/19 13:08
昨季初めて観客を入れたホーム水戸戦。感染対策を施した上で今季のホーム開幕戦は集客1万人を目標に掲げる=2020年7月、天童市

 サッカーJ2・モンテディオ山形のホーム開幕戦が21日に迫った。クラブは「1万人と挑む山形開幕戦」と銘打ち、来場者全員へのグッズ配布や飲食店ブースの拡充などの集客策を展開。新型コロナウイルスの感染対策は継続しつつも、運営会社の相田健太郎社長は「(昨季より)雰囲気を楽しんでいただけるようにしていく」と意気込む。

 昨季はホーム開幕戦が無観客で実施されるなど、新型コロナの影響が大きく、ホーム戦平均入場者数は2944人、最多は5435人にとどまった。今季はコロナ前の集客動員に戻す目標を掲げており、鍵を握るホーム初陣となりそうだ。

 当日は集客効果の高い特製グッズ配布が目玉の一つに。SDGs(国連の持続可能な開発目標)事業の一環として、再生ポリエステルを使用したフリース素材のポンチョを準備した。一時的ににぎわいの減った飲食ブースは、過去最多となる32店の出店を予定。東北6県のラーメン店が集うコーナーを新たに設ける。

 リーグ全体として感染対策は継続され、今回の集客上限は約2万人の収容人数の半数。座席は上下左右で1席ずつの間隔を空ける。他に▽声を出した応援の禁止▽来場時の検温―なども昨季同様に求められる。一方で規則を守った試合観戦は感染リスクが低いという実証データがあり、安心と安全をアピールしていく方針だ。相田社長は「皆さんの後押しを受けてホーム開幕戦で勝ちたい」と呼び掛けた。

 「山形新聞 開幕シリーズ」として行われる栃木とのホーム開幕戦は、天童市のNDソフトスタジアム山形で午後2時キックオフ。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]