山形市中心部にモンテ応援フラッグ

2021/3/12 22:38
山形市内中心部に掲げられた応援フラッグ

 サッカーJ2・モンテディオ山形を地域全体で応援していこうと、山形商工会議所青年部(小林寛治会長)は12日、山形市内中心商店街の街路灯に選手のポーズ写真をデザインした計235本の「モンテディオ山形オリジナル応援フラッグ」を掲示した。

 市内七日町や山形駅前など各商店街の協力を得て2000年から「フラッグタウンプロジェクト」と題し、毎年続けている。フラッグ(縦80センチ、横37センチ)は株式会社モンテディオ山形(相田健太郎社長)が製作した。登場する選手は山田拓巳、国分伸太郎、ビニシウス・アラウージョ、熊本雄太、南秀仁の5人。

 掲示作業は同青年部、モンテディオ山形の職員ら計約35人が参加した。メンバーは班ごとに脚立を抱え、各作業エリアに分散。通行人は「ぜひJ1昇格を果たしてほしい」との期待感を込めて掲示作業を見守っていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]