左足の精度と「推進力」が武器 J3福島から新加入のDF吉田

2021/3/12 12:23
チームに合流した新加入のDF吉田朋恭=天童市・県総合運動公園

 サッカーJ2・モンテディオ山形は11日、天童市の県総合運動公園で練習し、報道陣に公開した。パスやフォーメーションの動きを確認した後、攻守の切り替えを意識した4対4のミニゲームを行った。次節は14日午後2時からアウェーで松本と対戦する。

 ○…J3福島から加入したDF吉田朋恭は、前所属先のシーズン開幕を目前に移籍を決断した。「時間をかけて決めた」と悩んだ末に選んだ新天地。初めて挑むJ2で「よりゴールに関わるプレー」を目標に掲げた。

 大卒1年目の昨季は主力としてリーグ戦全試合に出場した。左足のキック精度、石丸清隆監督が期待する「前への推進力」が武器だ。左サイドバックとしてDF松本怜大とのポジション争いに挑む。

 多くのプロ選手を輩出する前橋育英高出身で、かつて山形に在籍していたMF渡辺凌磨、MF坂元達裕は1学年上の先輩だ。「(特に)優しくしてもらった」という坂元には、電話で移籍の報告も。「先輩たちに追い付き、追い越したい」と力強く語った。

被災地の方向を向いて黙とうする石丸清隆監督(中央)ら=天童市・県総合運動公園

「たくさんの人の力に」―山田拓ら、練習前に黙とう

 ○…東日本大震災から10年の節目を迎え、この日の練習前に選手、スタッフが黙とうをささげた。直前に石丸清隆監督は「(サッカー選手は)勇気や希望を与えられる仕事。しっかり取り組んでいこう」と呼び掛けた。

 被災時に若手の一人だった主将のDF山田拓巳、運営会社の相田健太郎社長はそれぞれ公式ホームページでコメントを発表。山田は当時に思いを巡らしながら「今まで以上に努力しサッカーを通してたくさんの方の力になれるように頑張っていく」と誓った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]