吉村知事、副知事続投を再提案へ 県議会、きょうにも採決

2021/3/9 07:45
山形県庁(資料写真)

 任期満了が10日に迫る副知事について、吉村美栄子知事が若松正俊氏(65)の続投を求める人事案を県議会に再提案する意向を固めたことが8日、分かった。きょう9日の本会議に提案し、同日中に採決される見通し。県議会の過半数を占める自民党会派は再任に否定的な構えを示しており、同意を得られなければ、副知事不在の異例の事態となる。

 若松氏の続投を求める人事案は県議会2月定例会に一度提出された。自民会派は否決の方針を明らかにし、吉村知事は本会議で諮られる予定だった先月24日、人事案を撤回した。

 その後の本会議や予算特別委員会で、吉村知事は若松氏の続投を望む考えを重ねて強調。8日の予算特別委でも、新型コロナウイルスの感染拡大抑止と県内経済の再生などの諸課題を挙げ、「(若松氏に)引き続き手腕を発揮してもらいたい」と述べた。

 これに対し、自民会派の森田広代表は、再提案されれば会派内で協議する意向を明らかにしたものの、続投には否定的な考えを示している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]