気仙沼の復興、振り返る 市出身者団体が山形で写真展

2021/3/8 18:11
大震災直後の写真を説明する佐々木梨花さん=山形市・文翔館

 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の復興の歩みを振り返る「震災と復興写真展」が8日、山形市の文翔館で始まった。関係者は「大震災を忘れず、被災地に寄り添いたい。記憶を次世代に伝えたい」と、大震災から10年を迎えて思いを新たにしている。

 気仙沼市出身者でつくるやまがた気仙沼会(武田満会長)が、三陸新報社から写真提供を受け、約80点を展示した。津波に襲われた直後の街の様子に加え、気仙沼大島大橋、三陸沿岸道路、今月6日に開通したばかりの気仙沼湾横断橋を写したパネルもある。

 実行委員長の山形大2年佐々木梨花さん(20)は「経験を伝えるのが使命だと思っている。復興に向けてより良く変化していく気仙沼を知ってほしい」と話した。12日まで。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]