東根市のワクチン接種、個別と集団併用へ 新型コロナ

2021/3/5 09:37
東根市役所(資料写真)

 東根市は4日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、個別と集団接種を併用する方針を明らかにした。個別接種については市医師会が態勢を検討している。18日には接種の予約や相談に対応するコールセンターを開設する。

 市子育て健康課によると、集団接種はさくらんぼタントクルセンターなどを予定。個別接種は市医師会が1日に新型コロナワクチン接種検討委員会(高橋則好委員長)を発足させ、かかりつけ医が対応する仕組みを検討している。現段階で17医療機関が参加する見通しという。接種の開始は4月以降。

 ワクチンの入荷状況を踏まえ、65歳以上の約1万4千人を皮切りに順次接種券を発送する。予約は接種券に記載された番号などを基に電話と無料通信アプリLINE(ライン)、専用サイトで受け付ける。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]