パワハラ自殺「謝罪」も調整 酒田、消防士遺族と組合が和解

2021/2/25 07:32

 2014年、酒田地区広域行政組合消防本部の男性消防士=当時(20)=が訓練中の上司からのパワハラが原因で自殺したとして、両親が組合に1億5千万円の損害賠償を求めた訴訟は24日、地裁鶴岡支部で和解が成立した。組合は慰謝料などの損害賠償として1億1千万円を支払う。

 男性は14年6月、救助の技術を競う大会に向けた選抜メンバーとして訓練に励んでいたさなかに自殺。両親は17年7月に提訴し、パワハラに関わった上司や遺族への尋問などを経て、昨年9月から和解の可能性を含め協議してきた。今月1日には原告、被告双方が裁判所が示した和解案に合意する意向を表明していた。

 原告側は組合に対し▽組織全体のハラスメント防止講習に加え、今後、男性が参加していたのと同じ救助訓練に臨む職員に対する講習も行い、概要を市ホームページで公開する▽職員が第三者委員会の調査報告書を閲読する機会を設ける▽消防長の年頭あいさつで、パワハラのない職場づくりに取り組むことを盛り込み公表する―などと求めた。

 原告側の弁護士は、和解に応じた理由について、慰謝料の算定に関し、当初「パワハラはなかった」と説明するなどした組合の対応により遺族が受けた苦痛に対して、配慮がうかがえる点や、消防本部が再発防止に取り組むことを約束する内容が盛り込まれた点を挙げた。また、パワハラに関わった上司からの謝罪を、遺族が一貫して求めてきた経緯を受け、この日、組合側から「謝罪の仕方を調整させてほしい」などと申し入れがあったと明かした。

 男性の自殺については、16年9月に地方公務員災害補償基金県支部が公務災害と認定した。組合は17年、訓練を指導する上司が男性の胸ぐらをつかんで壁に押し付け、「お前は必要ない」と言い放つなどの行為が確認され、「自殺の理由はパワハラ以外に認められない」とする第三者委員会の調査報告を発表。関与した職員7人に停職や減給などの懲戒処分を出した。

両親が談話「悲しみ、ずっと続く」

 和解成立を受け、男性の両親が談話を発表した。「消防士になる夢をかなえ、わずか3年で逝ってしまうのはさぞ心残りだっただろう。和解は一つの節目だが、悲しみはこれからもずっと続く」と、男性の死から6年8カ月、提訴から3年7カ月が経過しても、癒えることのない心の痛みを吐露。消防本部の再発防止へ向けた取り組みについては、「少しでも職員が働きやすい職場となるよう、和解を選んだ。真摯(しんし)に取り組み、他の組織の模範となることを望む」と訴えた。

酒田市長「風化させない」

 一方、組合管理者の丸山至酒田市長は「パワハラによって若く貴重な人材が失われたことを、改めて重く受け止めている」と遺憾の意を示し、「事件を風化させず、継続してハラスメントのない職場づくりに努める」とコメントした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]