大震災発生から10年、体験談募集 「あの時」に何を思い、「その後」をどのように過ごしましたか

2021/2/16 09:58

[PR]
 東日本大震災の発生から来月11日で10年となります。皆さんは「あの時」に何を思い、「その後」をどのように過ごしてきたのでしょうか。「寄り添うぶんちゃん取材班」は、震災の記憶を風化させないため、広く体験談を募ります。

 今月13日夜に発生した地震で、当時の記憶がよみがえった人も多いのではないでしょうか。一人一人の経験が次の世代への大切な教えになります。寄せられた内容は山形新聞のホームページ「やまがたニュースオンライン」の特設コーナーで紹介し、後日、紙面での掲載も考えています。

【質問項目】

(1)東日本大震災の時、どこで何をしていましたか。

(2)大きな揺れを感じて、何を思いましたか。

(3)地震発生後に困ったことは何ですか。

(4)災害への備えなど、震災後に変化はありましたか。

(5)震災を経験し、どんな教訓を伝えていきたいですか。

 回答は、寄り添うぶんちゃん取材班の公式LINE(QRコードから)のほか、山形新聞のホームページ「やまがたニュースオンライン」の専用フォーム、ファクスと郵便でも受け付けます。居住の市町村、職業、性別、年齢をお書きください。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]