じゅっきーくんとそり滑り 蔵王・スノーパーク、子どもたち楽しむ

2021/1/26 10:55
子どもたちが雪遊びを楽しめる「じゅっきースノーパーク」=上山市・大森ゲレンデ

 子ども向けの雪遊びスペース「じゅっきースノーパーク」が、山形市と上山市にまたがる蔵王温泉スキー場大森ゲレンデに開設され、来場者がそり滑りなどを満喫している。

 全長約5メートル、高さ約2メートルの雪の滑り台、家型の遊具などを設置した。24日は同パークをプロデュースした蔵王温泉PRキャラクターのじゅっきーくんがサプライズで登場。子どもたちは一緒にそり滑りをしたり、雪遊びをしたりして歓声を上げていた。仙台市の小学1年清田光翔(みなと)君(7)は「そりで滑って楽しかった」と笑顔を見せた。

 蔵王樹氷まつり協議会が企画。同パークは中森ゲレンデにもあり、上の台ゲレンデには雪の状況を見ながら開設する予定。いずれも利用無料。じゅっきーくんの出現は不定期。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]