ワイヴァンズ連勝、5位に浮上 Bリーグ2部、佐賀に77-59

2021/1/25 12:36
〈山形―佐賀〉第3Q、シュートを放つ山形の秋山熙(11)=佐賀市・SAGAサンライズパーク総合体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部は第17節最終日の24日、各地で8試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で佐賀(西地区)と対戦し、77―59で勝利した。2連勝となり、通算成績は15勝17敗。順位を一つ上げて5位に浮上した。

 山形は前日と同様、アンドリュー・ランダル、中島良史、川辺亮平、キース・クラントン、河野誠司が先発した。前半は守備で粘るものの決定力で精彩を欠き、22―31で折り返した。勝敗を分けた第3クオーター(Q)、ランダルの果敢なドライブによる得点に加え、中島や途中出場した秋山熙の3点シュートなどで33点を挙げてリードを奪い、最終Qも追い上げを許さなかった。

 ランダルが23得点12リバウンド、中島が12得点、秋山が11得点、クラントンが11リバウンドだった。次節は27日、天童市の県総合運動公園アリーナで東京Z(東地区)と対戦する。

第3Qで勢い取り戻せた

 ミオドラグ・ライコビッチヘッドコーチの話 チームにとって大きな自信につながる2連勝となった。相手に長時間リードされる展開の中、負けゲームになるかもしれなかったが、第3Qで勢いを取り戻せた。秋山ら途中出場した選手の頑張りで流れを変えることができた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]