受験も、病気も、置くとパス 天童・タコの縁起物、今年はアマビエ様も

2021/1/23 11:15
受験生を応援する縁起物のオクトパス。抱えるのはアマビエ様=天童市・呉服のささき

 受験シーズンを迎え、縁起物などを販売する天童市老野森3丁目の「呉服のささき」で、「アマビエ様&置くとダブルパス」が人気を集めている。タコの英語・オクトパス(置くとパス)にあやかる恒例の縁起物で、疫病退散の妖怪とマスク姿の子ダコも付けた新バージョンで、受験生らを応援する。

 知能が高いとされるタコがつぼから顔を出し、「良いものに吸い付く」「引っ張りだこ(多幸)」のしゃれで、進学や就職の良運を引き込む。「併願も合格」の意味合いで、頭上には子ダコを据え、「疫病パスで体調万全」のために足にはアマビエ様を抱える。メッセージを書いて旗を持たせることもできる。

 着物の古布を使った京職人の手作りで、同店女将の佐々木康子さん(55)が企画。子や孫のためにと、その家族が県内外から買い求めに来ているという。佐々木さんは「さりげなく応援できる。受験生には心強く思えたり、余裕ができたり、自信を持つきっかけになったりしてほしい」と話している。価格は4980円で配送も対応する。問い合わせは同店023(653)2947。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]