生物や物の中身を紹介 天童・本社など主催「スケスケ展」

2021/1/22 20:13
頭蓋骨のパズルに挑戦する来場者

 SDカードの構造、ピアノの仕組み、ヤドカリの貝の中-。日常では目にする機会が少ない身近な生物や物の中身を紹介する「スケスケ展」(主催・山形新聞、山形放送)が、天童市のイオンモール天童で開かれている。

 ガラス製の貝に入ったヤドカリは、通常は見られない体を細部までじっくりと観察でき、体が半透明の魚グラスキャットも元気に泳いでいる。透明なピアノは、ペダルを踏んだときに音色が変わる仕組みがよく分かる。会場は動物や暮らし、アクアといった六つのコーナーがあり、子どもから大人まで楽しめる約70点を展示している。

 スケスケ展は来月23日まで、午前10時~午後5時(土日祝日は午後6時まで)。入場料は一般千円、小中高生500円。未就学児無料。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]