庄内-成田便を廃止 ジェットスター、国交省に届け出

2021/1/22 09:02

[PR]
 新型コロナウイルス感染拡大による需要減を受け、格安航空会社(LCC)ジェットスター・ジャパンは21日、庄内―成田便について、路線廃止を国土交通省に届け出たと明らかにした。昨年秋以降、運休していた。同社は運航開始から1年半で、庄内空港から撤退することになる。

 新型コロナの影響で地方の路線では需要減が続いており、同社は庄内―成田便に加え、関西空港の高知、福岡、熊本各便、中部空港の新千歳、鹿児島の各便の計6路線について、19日に路線廃止運航計画変更届を国交省に提出した。

 酒田市の庄内空港を発着していた成田便は2019年8月、成田空港と東北地方を結ぶ初めてのLCC路線として就航。原則1日1往復だったが、昨年4月8日から運休。需要に合わせて7月23日に再開したが、10月25日からは運休したままとなっていた。

「残念」と鶴岡、酒田市長

 ジェットスター・ジャパンの路線廃止届を受け、庄内空港利用振興協議会長の皆川治鶴岡市長は「大変残念だが、引き続きジェットスター社などと話し合い、厳しい状況が変わった時の再開に向けて努力する」とし、丸山至酒田市長は「地域を挙げて誘致しただけに残念でならない。せっかく縁ができた航空会社なので状況が改善し、再び就航することを望んでいる」とコメントした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]