県内学校で初、高校でクラスター 新型コロナ、PCR検査対象は約200人

2021/1/21 07:25

 県は20日、新たに6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。山形市は、このうちの市内の5人と19日に感染が明らかになった2人は山形商業高の女子運動部員と公表。同校の感染者は7人となり、市は校内でクラスター(感染者集団)が発生したとの見解を示した。県内の学校でのクラスターは初めて。

 山形市は校名公表の理由を「接触者などの安全確保、今後の感染拡大防止のため」とした。市によると、5人は19日に公表された2人と同様、9~11日にそれぞれ日帰りで隣県の学校に遠征し、練習試合を行った。試合中と昼食時以外はマスクを着けていたという。市は感染経路について「県外遠征が原因の可能性もあるが、特定できておらず、調査中」としている。

 5人は19日に感染が公表された2人の濃厚接触者として19日に新型コロナ感染症外来を受診し、PCR検査で陽性が確認された。それぞれ咳(せき)や喉の痛み、味覚異常などの症状はあるが、重症ではない。

 濃厚接触者は調査中としているものの、市は同校で7人の感染者が出た状況を踏まえ、今回の5人の家族や学校関係者など新たに約140人のPCR検査を行う。19日公表の2人に関しても関係者約60人の検査を進めており、一連の検査対象は約200人となった。

 県によると、残る1人は県外の30代会社員男性。15日に感染が公表された白鷹町の40代会社員男性と同じ置賜地域の職場で働いており、幅広く関係者を検査する中で感染が分かった。重い症状はない。長井市はこの職場が建設中の市役所新庁舎と公表しており、関連の感染者は4人となった。

 県内の累計感染者は453人で入院患者は前日から5人増えて38人となった。専用病床は34人で、入院中の1人が重症化した。専用病床以外は4人。自宅療養は1人。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]