モンテ、今季初の紅白戦実施 1次キャンプ2日目

2021/1/20 21:38
短距離走に励むDF山田拓巳(右)ら=静岡県御前崎市・御前崎NEXTAFIELD

 サッカーJ2・モンテディオ山形は1次キャンプ2日目の20日、静岡県御前崎市の御前崎NEXTAFIELD(ネクスタフィールド)で練習した。

 ウオーミングアップ後に約40メートルのダッシュを繰り返し、短いパス交換などを確認した上で、今季初めての紅白戦を実施。当初の2部練習の予定を変更し、午後はコンディション調整に努めた。

 FWビニシウス・アラウージョとGKビクトル、GK閔盛俊(ミン・ソンジュン)の外国籍3選手は既に入国し、新型コロナウイルスに関する措置としてホテル内で自主隔離中。一定期間を置いて全体練習に合流するという。

紅白戦でげきを飛ばす石丸清隆監督(中央)=静岡県御前崎市・御前崎NEXTAFIELD

 ○…今季のキャンプは2日目にしてコート全体を使った紅白戦を実施するなど、内容はがらっと変わった。単に走るメニューは少なく、多くの時間はボールに触れる。石丸清隆監督にとっても「初めての試み。挑戦」だという。

 「サッカーの中でフィジカルと戦術を分けることは難しい」「自分たちがボールを持ちたい分だけ、その強化に時間を費やす」という指揮官の考えが反映された。今季は例年以上に開幕までの準備期間が短いこと、過去最多の新加入14選手がいることなども考慮し、序盤から戦術面を盛り込む形としたという。

 「やり方は違えど、(最大の目標は)フィジカルを強化することに違いはない」と石丸監督。10分間隔に区切った今季初めての紅白戦も走力強化が狙い。体を追い込ませるため、監督やコーチ陣の厳しい声が飛び交った。

短距離走のメニューに臨むDF栗山直樹

再起誓うDF栗山「けが前以上のプレーに」

 ○…大けがからの再起を誓うDF栗山直樹の回復は順調そうだ。この日は全体練習の中でダッシュ走に参加。地道な別メニュー調整はもう少し続くが、「けがをする前以上のパフォーマンスを披露できるように」との決意は固い。

 昨季途中に左アキレス腱(けん)断裂のために手術を受けて長期離脱。徐々に成長していくチームを見て悔しさを味わった。選手代表で出席した必勝祈願で、絵馬に書いた目標は「復活」。「その悔しさを取り返すために全力で頑張りたい。自分自身が(チームを)引っ張る存在になる」と約束した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]