モンテ、1次キャンプ始動 静岡、ボール触れる時間増やす

2021/1/19 21:18
ボールを使ったトレーニングに励む選手たち=静岡県御前崎市・御前崎NEXTAFIELD

 サッカーJ2・モンテディオ山形は19日、静岡県御前崎市で1次キャンプをスタートさせた。移動日を兼ねた初日から早速、ボールを扱うトレーニングをメインに体を動かした。

 この日は雲一つない快晴で最高気温は10度を超えた一方、沿岸部特有の強い風が吹いた。会場は2019年のラグビーワールドカップ(W杯)公認キャンプ地だった御前崎NEXTAFIELD(ネクスタフィールド)で、5季連続。

 練習は午後3時すぎに始まり、今後合流する外国籍選手ら4人を除く27選手が参加。ウオーミングアップの後、昨季以上にボールに触れる時間を増やしたメニューで汗を流し、石丸清隆監督が攻守の切り替えを強く意識づける場面もあった。在籍5年目のMF南秀仁は「(過去最多14人の)新しい選手のいいところを知るとともに、これまでやってきたことをより良くしていきたい」と語った。

 1次キャンプは2月7日までの予定。新型コロナウイルス感染予防のため、一般には非公開で行われる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]