日本海の旬御膳いかが? 鶴岡・温海の計10店舗で提供中

2021/1/19 12:19
日本海の冬の食材を使った温海旬御膳の一例。参加店それぞれの個性が楽しめる=鶴岡市・末広寿し

 鶴岡市温海地域の旅館や飲食店で日本海の旬の食材を使った料理が味わえる「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり」が、同地域で展開されている。2月28日までの期間中、10店舗が工夫を凝らしたオリジナルメニューを提供する。

 あつみ観光協会温泉支部が冬季の観光誘客を図るため、毎年行っている。各施設がカニ、タラ、アンコウなどこの季節ならではの食材を用いたメニューを考案し、3千~5千円の御膳を用意した。旅館では温泉入浴付きのプランもある。

 このうち湯温海地区の末広寿(ず)しは、イカ、ヒラメ、甘エビなどのすし、タラ汁、カニの酢の物に鶏肉のクリームシチュー、魚介のミックスフライといった洋食も加えた、食べ応え十分の3千円の御膳を設定した。食材は仕入れ状況によって変わる。店主の斎藤彰さん(70)は「温海は海、山の新鮮な食材が手に入る。手作りにこだわった料理を通し、地域の味を楽しんでもらいたい」と話していた。

 他の参加店は▽たちばなや▽鮨処朝日屋▽あつみホテル温海荘▽東屋旅館▽かしわや旅館▽瀧の屋▽足湯カフェ チット・モッシェ▽寿司割烹 雅▽民宿 咲。いずれも3日前までに電話での予約が必要で、先着計500人に同地域産のコメのパックライスを贈る。問い合わせは同協会0235(43)3547。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]