翼を休め、春を待つ 天童・寺津沼に白鳥

2021/1/19 09:47
水郷寺津沼公園で越冬する白鳥がカモ類とのんびり水面に浮かんでいた=天童市

 果樹園が広がり、住宅が点在する天童市寺津地区の水郷寺津沼公園の沼に、この冬も北から旅を続けてきた白鳥が越冬している。

 時々様子を見に来るという夫婦は「白鳥は3週間ほど前から見かけるようになった」と話す。近くの人によると、18日は30羽ほどを数えたが朝に餌を探して飛び立つこともあり、日中はやや少なめ。夕方には再び、沼に戻って来るという。

 沼は200羽が飛来したこともあるという隠れた白鳥の名所。ほかにもカモ類やサギが餌を探したりしている。その間に浮かんでいる白鳥を見ていると、時間の流れがゆったりと感じる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]