透き通る夜、特別なディナー 山形・文翔館で仙山交流イベント

2021/1/18 10:00
透明なドーム形のテントが設けられ、幻想的な雰囲気の中で食事を楽しんだ=山形市・文翔館

 普段は食事をすることができない特別な場所でコース料理を楽しむイベント「青空リストランテ」が17日、山形市の文翔館で開かれ、非日常の空間で山形の味などを堪能した。

 作並温泉旅館組合(仙台市)が観光庁の実証事業の採択を受け、仙山交流イベントとして開いた。文翔館の敷地内に、コロナ対策にもなるような個別のドーム形透明テント六つを設営し、昼と夜の2回、料理が提供された。

 メニューは宮城、山形両県の食材を使い、イタリア料理シェフの山形篤史さん(仙台市)が腕を振るった。夜はライトアップされた文翔館と、炎や明かりで彩られたテントが幻想的な雰囲気をつくり出していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]