この冬も、心に寒鱈愛 酒田、鶴岡で催し

2021/1/18 09:45
「酒田 寒だら大使」に就任したタケカワユキヒデさん(中央)=酒田市

 庄内地域の冬の味覚、寒鱈(かんだら)汁をPRする催しが17日、酒田、鶴岡両市であった。コロナ禍で従来通りの「まつり」実施はかなわなかったものの、有名歌手を大使にしたり、テークアウトのみにしたりと工夫し、来場者の体と心を温めた。

タケカワユキヒデさんが大使に・酒田

 酒田市では音楽グループ「ゴダイゴ」のタケカワユキヒデさんの「酒田 寒だら大使」就任式がマリーン5清水屋で行われた。タケカワさんは「私といえば(ヒット曲の)ガンダーラ。寒鱈も同じように全国で知られるよう宣伝し、盛り上げていく」と話した。

 市内の中通り、中町中和会両商店街振興組合が企画した。両商店街などでは例年この時期、「酒田日本海寒鱈まつり」を開催していたが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止になった。ただ中止前からタケカワさんを大使にすることが決まっており、この日の就任式は無観客、地元FMラジオ局の放送のみで行った。「ガンダーラ」はテレビドラマ「西遊記」に使われたことで知られている。

 中通り商店街振興組合の菅野弘幸理事長から委嘱状を受けたタケカワさん。昨年、都内での酒田食材フェアに参加した日本料理店・分とく山の野崎洋光総料理長、鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行オーナーシェフと初めて試食し「白子も岩のりも、びっくりするおいしさ」と目を丸くした。

 催しは政府の「GoTo商店街」事業の一環として実施。昨年11月、イベント企画、司会業などのチアーズ(酒田市)の加藤明子社長から大使就任の打診を受けたというタケカワさんは「『ガムかんだーら』というテレビコマーシャルは断ったことがあるが寒鱈と聞いて、これは私しかいないと思い、お受けした。亡くなったゴダイゴの浅野(孝已)も喜んでいると思う」と笑顔を見せた。「ガンダーラ」などのミニライブも行った。

待ってました、この一杯・鶴岡

寒鱈汁を買い求める人が相次いだ=鶴岡市・鶴岡銀座商店街

 鶴岡市の鶴岡銀座商店街では「日本海寒鱈まつり」が開かれた。テークアウト方式といった新型コロナの感染防止策が講じられる中、開催を待ちわびた市民らが訪れた。

 コロナ対策ではさらに、これまで無制限だった入場者を制限(30分ごとに600人)したほか、出店者を地元の店のみとするなど規模を縮小。用意された寒鱈汁は約3千杯で、例年の半分以下となった。

 それでも午前10時半のスタートと同時に家族連れが列をつくっていた。鶴岡市朝暘四小2年児玉光凛(ひかり)さん(8)は「今年も来ることができてうれしい。家に帰って家族と一緒に食べたい」と話した。

 鶴岡銀座商店街振興組合(阿部直人理事長)などでつくる実行委員会が主催し33回目。阿部理事長は「安心して来場してもらえるよう対策を練ってきた。旬の味を楽しんでもらえたら」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]