パワーアップ、新モンテ始動 天童でキックオフイベント

2021/1/17 22:46
ポーズを取る新加入選手たち。前列左から中原輝、阿部要門、松本幹太、長谷川洸、木戸皓貴、山崎浩介、後列左から林誠道、滝沢修平、国分伸太郎、藤田息吹、堀米勇輝の各選手ら=天童市・県総合運動公園総合体育館

 サッカーJ2・モンテディオ山形のキックオフイベントが17日、天童市の県総合運動公園総合体育館で開かれた。石丸清隆監督による2年目のシーズンで、過去最多となる14選手が加わった新チームが始動した。

 チーム在籍14年目のDF山田拓巳選手が「頼もしい仲間と力を合わせ、必ず昨季以上にパワーアップした姿を見せる。3度目の昇格は優勝で決める」と、集まったサポーターと約束した。

 新型コロナウイルスの対策で、来場者は例年の半数以下となる800人に制限し、有料のライブ配信では約1200人が視聴した。

J1昇格へサポーターと心一つ

 イベントでは、新たな戦力となる選手たちが紹介され、悲願のJ1昇格に向けて、チームとサポーターが思いを一つにした。

 冒頭、クラブ運営会社の相田健太郎社長が「目標は二つでJ1昇格と、最高益だった2019年の水準に近づけること。チャンスがあれば、それ以上を目指したい」とあいさつ。スローガンは昨季と同じ「前進」を継続し「今まで以上にスピード感を持って多くの方々を巻き込み、一丸となって前進したい」と語った。

 新加入選手の記者会見にはGKビクトルら3選手を除く11人が出席。各自が新天地での意気込みや特長、プライベートでの一面などを語った。尚志高(郡山市)から最年少の18歳で加わるFW阿部要門(かなと)選手は、高校の先輩で山形に在籍したFW山岸祐也選手に触れて「少しでも試合に絡み、去年の山岸選手の得点数を上回りたい」とアピール。左利きの技巧派であるMF堀米勇輝選手は「魅力あるチームの一員になれて本当にうれしい。みんなで競争し、強いチームにしていきたい」と意気込んだ。

 イベントでは新ユニホームも披露され、ファンからの質問に答えるトークショーもあった。石丸清隆監督は「選手は覚悟を持ってユニホームを着てくれる。全力で挑み、アグレッシブに戦うことを約束する」と抱負を語った。チームは静岡県内で1次キャンプに入る。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]