各地で電線から火花 山形など4市町

2021/1/15 11:07
電線から火花が出た現場では東北電力ネットワークの職員が修復作業に当たっていた=14日午前10時28分、山形市南原町3丁目

 山形、上山、中山、山辺の4市町で13日夕から14日昼にかけ、電線から火花が出るトラブルが相次いだ。計40件ほど確認され、東北電力ネットワーク山形支社は「強風で木の枝や砂などがぶつかり傷付いた部分にちりが付着し、湿気を帯びると発生することがある」としている。

 山形市南原町3丁目では14日午前7時半ごろ、近隣住民が119番通報。損傷箇所からは煙が上がり、時折「バチン」と音を立てて火花が出ていた。美容室を経営する50代女性は「停電してお店が開けなくならないか心配」と話していた。

 発生場所の多くは電柱から住宅などに電気を供給する引き込み線だった。張り替え作業などを行い修復したという。

村山など3市町、倒木で1800戸停電

 14日はまた、村山、大石田、米沢の3市町で、雪による倒木などのため計約1800戸(街路灯を含む契約数)が停電した。午後3時15分ごろまでに全面復旧した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]