積雪で倒木、2743戸停電 最上など

2021/1/14 08:35
積雪の影響で道路斜面の木が倒れ、電柱が折れた現場=13日午後1時35分、大蔵村南山

 県内は13日、雪のため、最上地方を中心に7市町村で計2743戸(街路灯などを含む契約数)が停電した。午後5時ごろまでに全面復旧した。

 東北電力ネットワーク山形支社によると、停電は新庄市本合海、大蔵村、戸沢村の約1200戸で午前7時半ごろから午後3時20分ごろにかけて断続的に発生。鶴岡市大網、上田沢では午前0時ごろから最大約6時間半にわたって停電した。このほか舟形町、尾花沢市、大石田町でも一時停電した。いずれも積雪による倒木などが原因。

 大蔵村南山では道路斜面の木が倒れ、電柱1本が折れた。近くの肘折温泉街も午前7時半ごろから停電した。旅館経営の50代男性は「宿泊客にはほとんど影響がなかった。明るい時間に発生したのが幸いした」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]